ロスミンローヤル 注意事項

ロスミンローヤル服用時の注意事項

 

ロスミンローヤルは医薬品ですので、服用にあたっては定められた用法・用量を厳守する必要があります。その中で特に注意Iして欲しいポイントをまとめています。

 

 

尿が黄色くなても心配いりません

ロスミンローヤルを服用すると尿が黄色くなることがありますが、この症状自体は心配いりませんのでご安心ください。この症状はロスミンローヤルに含まれているビタミンB2と関係しています。ビタミンB2は水溶性のビタミンであるため、吸収されたビタミンB2の一部は尿に含まれます。この症状はその他のビタミンB2が含まれているクスリや、サプリメントなどを飲んだ時に共通して起きる症状です。

 

 

妊娠期・授乳期は担当医にご相談ください

ロスミンローヤルは効能に、妊娠期や授乳期などの場合の栄養補給とあります。そのため妊娠期・授乳期は服用できるようになっています。しかし医薬品なので、担当にご相談いただくようにお願いします。

 

 

空腹時は服用しないようにしてください

空腹時に服用されますと、副作用として胃が荒れてしまうことがあります。ですから用法にもありますように、基本的には食後に服用するようにしてください。食事が取れないような場合でも空腹時は避け、何か軽く食べてから服用するようにしてください。

 

 

服用量は厳守してください

服用量は1日三回、1回3錠です。この服用量は、厳守してください。例えば朝のみ忘れたからといって、昼に6錠飲んだりするようなことはやめてください。飲み忘れた場合にはその分は抜いて、1回3錠という服用量を厳守してください。

 

 

ロスミンローヤル